天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

冥府案内

冥府とは?

蓮の蕾

 冥府(めいふ)は、日常的にあまり聞かない言葉ですが、天門庵では普通に使っています。一般的には、冥府の同意語として霊界・天上界・冥土・あの世・黄泉(よみ)などと表現されます。

 つまり、わたしたちが生活している人間界ではなく、別の世界ということです。そこは、人間を終えた死後の世界です。ちょっと不気味ですか…?

 しかし、元々わたしたちは、人間に生まれる前に誰もが皆その死後の世界の冥府にいたのですよ…。皆といっしょと思えば少し気が楽でしょう…。

 冥府は、霊魂(以降は魂と表記)の存在する場所です。魂には人間の姿のような五体はなく喜怒哀楽の感情や思考展開や欲得の煩悩もありません。

 人間の世界の概念は、皆無です。例えば空間や光や時などもありません。人間界側から見れば「無」ということですが、実態はその無(何もない)さえもない不可思議な世界です。


不可思議な冥府の世界にご案内いたします…

 さて、わたしたちの一生は、例外もありますが一般的には生まれて成長して老いて死ぬです。しかし、それがどういうことなのか、どんな意味があるのか、何のための一生なのか、失礼ですが殆どの人は、認識されていません。

 人間は、余計なことを考えたり疑問に思ったりしないようにできています。ですから、「冥府案内」は、ちょっと反骨精神を以って人間の視点や感覚領域を抜け出して、普段は意識しないまたは認識できない別世界を覗いてみようという趣旨で行います。

 ご興味をお持ちの方は、肩の力を抜いて個人でもお友達(2~3人)同伴でもお気軽に受講してください。透視や硬いお話はいたしません。理解し難い世界のことをできるだけ噛み砕いて、分かりやすくお話させていただきます。ちょっと楽しいかも知れません…。

 幼少期より長年に亘り経験(観察・見聞)や体験(認識・確認)をしてきた冥府の実態は、霊界解説書や法話や映像など巷間流布される情報とは全く異なります。あの世の正しい知識を持つということは、死んだ後で戸惑うことなく成佛できるということです。

冥府案内」は、云わば「死ぬ前のお勉強」とでもいいましょうか、はたまたちょっとばかりお節介になりますが「成佛するための道案内」と思ってください。成佛だなんて嫌な話だと思われるでしょうが、昨今の死後の事情は、60%以上の魂が天上界(冥府)に上がれずに巷(娑婆・人間界)に留まり、浮遊霊と化して苦しみながら永遠に彷徨い続けるのですから、現実は大変不幸なことなのであります。


冥府案内のご参加について

水連

 冥府案内は、登録制ではありませんからいつでもどなたでも自由にご参加いただけます。

 知りたい項目を一つだけで受講するのもいいですし、複数の項目を組み合わせて「冥府案内ツアー」にすることもできます。

 天門庵は、これまでの経験や体験で得たすべてを人間の言葉に換えて皆さんに提供させていただきます。目から鱗の連続になると思います。

 冥府案内は、お一人でもご家族やお友達同伴でもご参加いただけます。原則3人までのご参加ですが増員の場合は、ご相談ください。

 また、3人以上お集まりの場合でご希望があれば、天門庵の「出張冥府案内」も可能ですからお気軽にご利用ください。

           冥 府 案 内 要 項

予 約 制 1週間以上前に「案内項目を決めて」ご予約ください。
       金・土・日曜 9:00 10:30 12:00 13:30 15:00 (12時以降は前詰です)
       予約変更はできません。万一の場合はキャンセル料(3,000円)が生じます。

案 内 時 間 80分 (1時間20分=時間枠) 時間枠×2(160分)のご案内(要予約)も可能です。 

案 内 料 5,000円 (2人参加の場合=3,000円/1人・3人参加の場合=2,000円/1人)
 
出 張 案 内 3人以上のお集まりがあれば出張冥府案内をお受けいたします。
       出張可能地域は、1都6県(埼玉・東京・神奈川・千葉・群馬・栃木・茨城)です。
       案内時間 90分(1時間30分) 案内料 10,000円 交通費=要実費
       個人宅は不可で会場(会議室・店舗・公園など)が必要になります。
       詳細は、お気軽にご相談ください。

案 内 項 目 ①と②に分かれていて自由に選択できます。

       ①は、「生命」つまり人間に関する普遍の課題です。人間として生まれて
       から死ぬまでのプロセスやその意味や知っておくべきことをご案内いたし
       ます。一般的には知られていないことばかりです。

       ②は、「死後のこと」つまり誰も知らない冥府への旅立ちからその後の魂
       のことに関してご案内いたします。ご自分が死んだ後どうなるのか、知っ
       ていれば迷うことなく成佛できますから、とても大事な知識になります。


①-1 生命とは?  命って何なの? どこから来るの? 素朴な疑問ですが、普段は殆ど
          気にすることがない「生命とは何ぞや?」をご案内いたします。

①-2 生きるとは? 殆どの人は何らの疑問もなく生きていますが、生きるとはどういうこ
          となのでしょうか? 「生きると成長」について紐解きます。

①-3 老いるとは? 老いとは何なのか? いつから老い始めるのか? 老いたらどうすれ
          ばよいのか? 気になる「老いの対応」を詳説いたします。

①-4 人の死とは? 例外なく誰にでも訪れる死とは何か? 死は何故怖いのか? 何故死
          にたくないと思うのか? 「死とは何ぞや」を詳らかにします。


②-1 死んだらどうなる? 驚く、慌てる、乱れる、迷う、知る(気づく)、悟る、昇天する
             というプロセスが待っています。死後の経過」をご案内い
             たします。死ぬ前に知っておくべきとても重要な知識です。

②-2 誰でも成佛するか? 死体から離れた魂が冥府に旅立つ(成佛)か否かは、極めて重要
             なことです。成佛しない魂は、人間界に永遠に居残ります。
             怖い話ですが昨今の魂の60%以上は未成佛霊になります。

②-3 輪廻転生はあるか?  冥府に上がった(昇天)魂は再び人間に生まれ変わるか? 佛教
             の六道輪廻はあるのか? 転生は自由に選べるのか? 再生
             や転生の疑問について解りやすくご案内いたします。

②-4 冥府はどんな所か? 冥府はどこにあるのか? 人間界との違いは? 冥府で何をす
             るのか? 冥府は、想像もつかない別世界で人間の概念では
             理解できません。図解してじっくりご説明いたします。

②-5 霊障なんでも質問? 憑依現象(疾病・負傷・失敗・紛争・事件・事故・絶縁)による霊的な
             障害に関するご質問やあなたに適した対処・対応方法などに
             ついて丁寧にお答えさせていただきます。


 ご案内の項目は、全部で9項目ですが必要があれば「個別項目」を設定することも可能です。お気軽にご相談ください。「冥府案内」があなたの人生の道しるべになれば嬉しく思います。合掌                         (2016.03.15)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional