天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ

子良のブログ

<< 2018.2 >>
[酴ブログ]
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 (2010.09.02)

2018/2/19 (月)

天門庵に休日はない…

 27年以上の活動期間の中で入院した時を除いて天門庵の仕事をしなかった日は、一日もありません。何事も本気で取り組んでいると、休むという概念がなくなります。帰結(結果)に向かってひたすら黙々と進むことは、どんなに厳しく辛くとも心地よさを感じます。

 妥協なき確固とした意志を構築するための要因は人それぞれでしょうが、わたしの場合は、いつも勇気と度胸と覚悟と継続です。おそらく多くの人々にも有効な語彙だと考えられます。ご興味のある方には、構築方法や実行プロセスなどの詳細をご説明いたします。

 すべての行動は、例外なく自分のための行動であって、他人のためのものは一切ない。冷たい考えのように思えるでしょうから、異論反論も多いと思います。しかし、天門庵の活動の原点は、単純に自己挑戦であって人のためを意識したことはありません。 合掌


パーマリンク

2018/2/12 (月)

今週も缶詰状態の仕事が続きます…

 心脳集中の訓練のような日々がずっと続いています。10数年振りに自分を追い込む状況設定でも、敢然と立ち向かっています。張り詰められた状態でも、自らを酷使する勇気と覚悟を躊躇うことなく実行するのは、存外心地よいものです。

 現在でも、20年前と同様の辛厳な環境に冷静に耐え得る自分を確認しながら黙々と仕事ができるのは、天上界への感謝の一語です。今年は、可能な限り与えられた仕事に傾注して、残す作品を創り続けます。天門庵の活動も、いよいよ第4コーナー目前です。 合掌


パーマリンク

2018/2/5 (月)

「天門庵からの伝言」(仮称)について…

 既に一部の方には言及しておりますが、天門庵の活動の総括としてご縁を戴いた皆さんにお伝すべき「来世への指針」を語ろうと思っています。

 半年ほど前から準備を進めておりまして、骨子が纏まりましたので開始予告をさせていただきます。形式は、メンバー登録なしの完全自由参加「プログラム」です。

 趣旨は、来世の道程(人生)を快適にするのための準備です。現世で何をすべきか、何を改善・修正しておくべきか、成仏のための用意とはなどを霊的視点から紐解きます。

 「伝言」プログラムは、2018年4月~2020年10月で15項目=31回を予定しております。1回の講義時間は、2時間枠(170分)で原則一対一ですが同時に3人迄受講可能です。

 プログラムは、未登録制でいつでもどなたでも自由にご参加できます。受講したいテーマ(項目)だけの選択も可能です。受講料の定額設定はなくあなたが自由に決められます。

 来世のことは興味なしと言われる方もおられますが、あなたの魂にとりましては、非常に重要な課題です。現在のわたしたちの生き様は、過去世の状態が基盤になっています。

 つまり、現在のあなたのすべての状態が来世のあなたの人間性や心身の能力や生活環境や人生などに良くも悪くも反映されます。決して蔑ろにはできない重大なテーマです。

 3月中頃に詳細を発表いたします。ご縁のある方は、どうぞご期待ください。 合掌


パーマリンク

2018/2/2 (金)

超多忙な日々が続いていますが…

 天門庵の仕事は、一日に5時間以内に抑えながら本業に精を出していますが、相変わらず計画や予定通りとはいかず自分との闘いの連続です。残された時間の中で何ができるのか、何を優先すべきなのか、どんな作品を残すのか、自問自答の繰返しです。

 昨夜からまた雪が降りましたが、仕事の最終調整のために出かけます。雪が降ったら車は乗らないので、電車とタクシーで移動します。寒いのは、嫌ですねぇ…。しかし、体力が完全に復活していますので、今日も気合で乗り切ります。

 天門庵の仕事も大幅に遅れていて、複数の方に大変ご迷惑をお掛けしております。今月と来月でご依頼のすべての霊符を完成させて、その後は、後世に残すための作品(霊符)を手掛けるつもりです。勇気と覚悟をもって自分の限界に挑みます。合掌


パーマリンク

金剛界・胎蔵界種子荘厳梵字・拡大

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional