天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2018-05-21

Top / 酴ブログ / 2018-05-21

荘厳吉祥梵字の新たな発見について…

 5月18日早朝の別庵で導かれるように手が動いて、新たな発見がありました。既に基軸復元が完成済の「荘厳吉祥梵字」ですが、「変容吉祥梵字」の研究過程での「左右旋回と螺状形成の組合せ試行」中に、とんでもない事実に気づきました。

 おそらく1000年以上前の先人も同様の事象に気づいていたものと推測されますが、科学万能のこの時代にあって非科学的な霊魂誘導により、長い年月失われていた叡智の発見に至ったことは、秘かな感動でした。一瞬、新たな世界に目覚めたような印象でした。

 「平面事象の空間立体表現」とでもいう奇異な発見は、「樹符」が構成基盤になっていて、殆ど無限大に広がる要素を包含しています。「霊符」「装飾品」(共にペンダント)の2種を検討していて、秋頃までには具現化して公開できればと考えております。乞うご期待!


コメント


認証コード(5737)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional