天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2018-08-27

Top / 酴ブログ / 2018-08-27

「層越え」の驚異を目の当りにして…

 人間界の事象ではないので一般的な理解は得られないのですが、不可解な「層越え」で奇しくも生き残ることができました。欧州のエクソシストのデータでは死亡率90%以上とされている「層越え」は、漸く終わりました。

 そして、わたしの霊域は、枠がなくなりました。魂の存在位置の制限が外れたということです。つまり、いつでも縦横無尽の移動が可能になったのです。何を寝ぼけたことをと言われるのが落ちなのですが、「層越え」は、人知を超えた別世界の事象です。

 後日お話しする機会があるでしょうが、この10日間に何度も生じた実に奇妙な現象が「層越え」のすべてを物語っていると確信しました。当初は所謂「生体エネルギーの交流現象」かと思ったのですが、想像を絶する驚異の仕組みを示唆されました。魂消でした。


コメント


認証コード(3223)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional